新車購入や売却の際に役立つ!?軽自動車のお役立ち情報を分かりやすくご紹介

毎年3月、9月は自動車業界の決算月で、販売店はメーカーへ報告する売り上げ額を増やすために、積極的に販売をします。
売り上げアップのために値引き金額を大きくする傾向があるので、通常よりもお得に購入できる可能性が高めです。
4月は新年度で車の購入を希望する人が増えます。
3月は在庫に余裕を持たせるために、販売と並行して買取にも力を入れなくてはいけません。
軽自動車の査定額も高くなりやすく、売却をする場合にもメリットがあります。

目次
  1. 新車購入や売却の際に役立つ!?軽自動車のお役立ち情報を分かりやすくご紹介
    1. 軽自動車の維持費はどのくらい?自動車税の場合は?
    2. 軽自動車の維持費の中でも任意保険は車種や安全装置の有無で変わるけど普通車よりも安い
    3. 軽自動車は維持費が安いメリットがあるけどデメリットは?
    4. 軽自動車は買取価格が下がりにくいので買い替えのときでも査定評価も高め
    5. 軽自動車は普通自動車と比較して高速料金が安い?
    6. 軽自動車の高速料金が安くなる意外な理由とは?
    7. 軽自動車の高速料金がよりお得になる利用方法とは?
    8. 軽自動車の自家用ナンバーは黄色!白ナンバーを装着する方法とは?
    9. 軽自動車で高速道路を走行する際のメリットやデメリット
    10. ハイブリッド軽自動車の普及率が低い要因とは?
    11. 軽自動車は4人乗り!?12歳未満の子どもが含まれる場合は5人乗車も可能
    12. 軽自動車で安全な状態で5人で乗るための課題について
    13. 軽自動車の64馬力規制とは?馬力が規制されている理由とは?
    14. 軽自動車で馬力がある車種の選び方のポイント
    15. 軽自動車は急勾配がとても苦手な乗り物です
    16. 住宅街を走行することが多い人におすすめの軽自動車
    17. 車を購入を検討するなら知っておきたい軽自動車が人気を誇る3つの理由
    18. 軽自動車は安全性を重視して選ぶ必要がある
    19. 軽自動車の特徴と優れた機能を上手に利用する為の留意点

新車購入や売却の際に役立つ!?軽自動車のお役立ち情報を分かりやすくご紹介

新車の軽自動車の新車購入、売却する時は行動に移すタイミングが重要になります。
1年の中で特に狙い目と言われるのが、3月と9月時期です。
3月と9月は自動者業界における決算月で、各販売店はメーカーに売り上げを報告しなくてはいけません。
少しでも多い売り上げで報告したい販売店は、通常よりも値引き額を大きくしてでも積極的に売ろうとする傾向があります。
4月は新年度、8月はボーナスの支給で購入希望者が増加するため、在庫に余裕を持たせておかなくてはいけません。
3月は購入だけでなく、軽自動車の売却も高額査定が期待できます。

軽自動車の維持費はどのくらい?自動車税の場合は?

日本は車社会なので、自動車は欠かせない移動手段です。
都市部であれば無くても生活できるかもしれませんが、地方ではないと生活できません。
買い物や通院などで頻繁に使用するので、都市部に住んでいても使用した方が良いです。
乗用車ではなく、軽自動車の人気が高くなっています。
コンパクトで運転しやすいことに加えて、維持費が安いこともメリットです。
ローンの返済額やガソリン代は乗用車とそこまで差がありませんが、自動車税は軽自動車が10800円で乗用車が25000円くらいなので約15000円の差があります。
決して安い金額ではないので、お金に余裕がない若い世代で軽自動車を選ぶのは当然です。
車検の基本料も7000円から8000円くらい差があります。
軽自動車は以前はダサいイメージがありましたが、最近はクオリティの高い車種が多く発売されているので、全然気にすることなく運転することができます。
馬力は劣りますが、普通に運転する分には問題ないです。

軽自動車の維持費の中でも任意保険は車種や安全装置の有無で変わるけど普通車よりも安い

自動車を運転する際には、万が一の事態に備えて保険に加入しておくことが大切となります。
特に任意保険は比較的高額な事故の損害賠償等を行うためには必要なものであり、自動車運転する場合にはこれに必ず加入しなければなりません。
しかし十分な補償を得ようとするとその保険料も決して安くはないものですが、軽自動車の場合にはその金額が比較的安いと言う傾向が強くなっているのが実態です。
その理由は、自動車が小型であり走行性能もそれほど高くないことから一般的に大事故を起こす確率が低いことが挙げられます。
最近では軽自動車でも普通車並みに安全対策を施していると言うケースも多く。
このような場合にはさらに保険料が安くなると言うことも少なくありません。
近年では自動車の種類やその危険度によって保険の料率を変更する仕組みが用いられており、軽自動車はその金額が安い部類に含まれています。
大型車やスポーツカー等は危険度が高いため料率が高めに設定されているのに対し、安くなっていることがポイントです。

軽自動車は維持費が安いメリットがあるけどデメリットは?

軽自動車は維持費が安いということで、近年利用者が増加しています。
燃費がいいのでガソリン代を節約できますし、毎年払う必要のある自動車税も安いですし、車検費用も乗用車よりも安くなります。
軽自動車は、一昔前は主に女性が利用することが多いとされていましたが、長引く経済停滞が影響しているのか、最近は男性でも利用する人が多くなってきました。
維持費が安い軽自動車ですが、乗用車に比べてデメリットもたしかにあります。
まずなんといってもパワー不足は否めません。
街中を走る時はそんなにパワー不足を感じることはないかもしれませんが、坂道などではこれを痛感します。
特に山に登るような長い急な坂道では、アクセルを目いっぱい踏み込んでもろくにスピードが出ず、後ろから乗用車にバンバン追い抜かれて冷や汗をかくような状態になりがちです。
また、軽自動車は大人数が乗れません。
乗車定員は4人までとなっています。
車内スペースも狭く、大きな荷物などは積めないでしょう。

軽自動車は買取価格が下がりにくいので買い替えのときでも査定評価も高め

軽自動車は買取価格が下がりにくいと言うメリットがあり、そのため買い替えの際にも非常に有利になることがポイントです。
その理由は現在では様々な経済的なメリットが大きいことが多くの人に注目されており、新車だけではなく中古車の需要も非常に高まっていることにあります。
中古市場では人気の高い車種ほど高値で取引されるため、軽自動車はその価格が値下がりしにくく、下取りに出す際でも高値が期待できることがポイントです。
一般の乗用車は購入する場合には価格が高くても、1部の車種を除いては大幅に値崩れしてしまうと言うことも少なくありません。
風人気車種になると数年でほとんど値がつかない状態となってしまうこともあるため、購入する場合には注意をすることが求められます。
軽自動車の場合には車種による違いもほとんどなく、高値で取引されていることが多いため、乗り換える際にも値崩れを気にせず安心して乗り換えることができるのがメリットです。

軽自動車は普通自動車と比較して高速料金が安い?

昔は軽自動車で高速道路を走行するのはかなりチャレンジングと言われるようなこともあったかもしれませんが、今のクルマは走行性能も向上しており、パワー不足を感じることは少なくなっています。
一方で軽自動車は普通自動車と比較して高速料金が安く設定されており、車両本体価格とか税金やガソリン代などで経済的な恩恵を受けることが多い上に、さらに高速道路の料金の面でもメリットがあると言えます。
基本的には2割程度割安に設定されているからです。
ちなみにこの料金の設定にあたっての考え方は、物理的・時間的にどれくらいその道路を占有するかという、車両の長さやスピードに基づくもの、道路の建設や維持管理にどの程度負荷がかかるかという、車両の重さや大きさにかかるもの、そして高速を利用することでその車両の利用者にどれだけ経済的メリットがあるかの合計3点を考慮するとされています。
昔と比べると軽自動車と普通車の差異が相対的に小さくなってきていることから、料金面でも見直しがあるかもしれません。

軽自動車の高速料金が安くなる意外な理由とは?

軽自動車の高速料金が安く設定されている理由ですが、一般的には軽自動車は車両の重量が軽く、道路をあまり傷めることがないためと説明されることが多いようです。
確かにこれは非常に説得力のある内容で、大型トレーラーのような重い車両はアスファルトを容易に傷めてわだちを生じさせてしまい、快適で安全な走行を維持するためには頻繁な補修が必要になります。
それには当然コストがかかるわけで、車体の重量に応じて応分の負担を求めるのは自然なことでしょう。
ですがこれだけが理由ではありません。
例えば軽自動車は重さだけではなく長さも短いです。
それだけ道路を占有する物理的な長さが短いことになりますので、料金も安くなるという説明になります。
また経済的な面から、軽自動車は定員も最大4名までであり、積載できる荷物の量も限られていますし、スピードも限界があるので高速を利用する意味合いというか効用も限られていると考えることができ、そのためコストも安く設定されているというわけです。

軽自動車の高速料金がよりお得になる利用方法とは?

軽自動車はそもそも普通車よりも高速料金が安く、平均すると2割引き程度に設定されています。
つまり普通車ではなく軽自動車を利用するだけでもお得になっていると言えるのですが、さらに安くする利用方法として一般的なのがETCを活用することです。
これにより、現金払いよりも安く高速道路を使うことができるようになります。
軽自動車が普通車よりも割安な理由ですが、これは車両の重量が軽く、その分だけ道路に与える負担が少ないことが挙げられます。
トレーラーのような非常に重い車両は、道路のアスファルトに与える影響が大きく、簡単にいえばわだちが生じやすいですから、それだけ頻繁に補修しなければ快適な走行ができません。
また、重量の点だけではなく車体の長さも短いですから、道路を占有する部分も短いということができます。
他に経済的な点を言えば、スピードが出にくい上に載せられる人員や貨物も多くはなく、経済的な効用が大きくないということもあります。

軽自動車の自家用ナンバーは黄色!白ナンバーを装着する方法とは?

自動車にはナンバープレートがついていますが、できれば好みのものに変えたいと考えている人もいるのではないでしょうか。
軽自動車の自家用ナンバーは黄色ですが、黄色が変に目立つと感じる人もいればボディの色と調和しないと考える人もいます。
普通自動車のように白ナンバーにしたい、白のほうが良いと考える人も少なくありません。
軽自動車のナンバープレートも、特別仕様のナンバープレートに変更すれば白ナンバープレートを装着する方法がありました。
特別仕様のものは、ラグビーナンバーやオリンピックナンバー、地方図柄入ご当地ナンバープレートがあげられます。
変更するには料金も発生しますが、交付料金は地域により違いもあります。
すでに交付が修了しているものもあります。
交付期間が修了しても、その車を買い替えない限りは白ナンバーをつけることができます。
交付期間以降に、車を買い替えると白に変更したものも元の色に戻るのでその点は注意したいところです。

軽自動車で高速道路を走行する際のメリットやデメリット

高速道路を軽自動車で走るメリットは、なんといっても利用料金の安さです。
高速道路の利用料金は、車種や走行距離(区間)、時間帯などで決まりますが、どの路線においても軽自動車の料金は普通車の場合より2割程度安く設定されています。
休日割引をはじめとした値引き制度を組み合わせれば、さらにお得に高速道路を利用することができるでしょう。
一方、デメリットとしてはまず挙げられるのは、追い越しを一般道を通るときのようにスムーズにしにくい点と、走行中に風に煽られやすい点です。
これは、軽自動車が普通車と比較して軽量であることと、排気量が小さくてパワーが不足している分、加速に難があることに起因しています。
また、普通車で走行する場合とくらべて疲労を感じやすい点も欠点の一つです。
軽自動車の内装は、長時間あるいは長距離の走行を想定したものになっていません。
首・肩の凝りや腰痛がよく起こる人は、乗車時間や走行距離が長くなると痛みが生じるようになる場合があります。

ハイブリッド軽自動車の普及率が低い要因とは?

普通自動車と比較して、軽自動車はハイブリッドカーの普及率が低いです。
その原因はハイブリッドのタイプと燃費の関係にあります。
軽自動車はサイズが小さく、モーターやバッテリーを搭載するスペースに限りがあります。
そのため今のところマイルドハイブリッドと呼ばれるタイプしかありません。
フルハイブリッドと比較して、出力が小さく燃費への好影響が小さいのです。
モーター搭載の車を選ぶ一番の理由は燃費だと考えられますが、もともと燃費のいい軽自動車だとその恩恵は感じづらいでしょう。
超高張力鋼の普及により、軽くて剛性の高いガソリン車も増えています。
実燃費を調べて試乗をして、ガソリン車を選ぶ人が多いと考えられます。
運転中のフィーリングにも差があります。
フルハイブリッドは、力強いモーターのアシストが長く続き、気持ちのよい運転を手助けしてくれます。
一方のマイルドハイブリッドはモーターの出力が小さいうえに、アシストする時間が短いです。
発進から30秒しかアシストしないものも多く、爽快とはいい難いのです。

軽自動車は4人乗り!?12歳未満の子どもが含まれる場合は5人乗車も可能

標準的な軽自動車は基本的に4人乗りですが、12歳未満の子どもが含まれるのであれば、大人を含めて5人乗車も可能ではないでしょうか。
5人乗りが可能なのは12歳未満の子供が3人と、大人が2人で構成される場合で、端的にいえば小さい子どもが3人いる夫婦ということになります。
軽自動車は原則として4人乗りですが、このように条件次第では5人まで乗ることができるわけです。
他にもチャイルドシートが免除されるというメリットもあるので、12歳未満の子どもがいる家庭では、メリットを含めてこういった乗り方ができることを頭に入れることをおすすめします。
軽自動車は車両が軽量で燃費が良いのが強みですが、乗車数が増えると重量が増して、ブレーキが利きにくくなったり曲がりにくくなるので、その点は留意すべきです。
チャイルドシートは不要だとしても、有無は間違いなく安全性に関わりますから、何故必要なのかを考えて、5人乗車をするにしても可能な限り使用するのが望ましいのではないでしょうか。

軽自動車で安全な状態で5人で乗るための課題について

軽自動車は定員が4名までとされていますので、5人乗車すると法律違反となってしまいます。
しかし軽自動車であっても法律上5名乗車ができるケースもありますが、これが安全かどうかはまた別の話ですから注意しましょう。
法律の上では、定員の人数とは12歳以上の大人を指し、12歳未満の子供は3名で大人2名分とすることになっています。
つまり、簡単に言えば12歳以上の大人2名と12歳未満の子供3名であれば、合計で5人乗車していても法律上の定員4名を上回っているわけではなく、違反にはなりません。
ですが例えばシートベルトやチャイルドシートなどの設備はどうでしょうか。
後部座席には2名分のシートベルトしかありませんし、チャイルドシートについても後部座席に3つ並べるのはスペース的に不可能なことが多いでしょう。
そうなると、万が一の事故の際には大きな被害を受けることも容易に予想できますので、この点を十分に考えておかなければなりません。

軽自動車の64馬力規制とは?馬力が規制されている理由とは?

現在の軽自動車には、64馬力以下にしなければならないと言う馬力規制があります。
これは従来はなかったものですが、様々な技術開発が進み高い出力を生み出すことができる軽自動車が登場してきたことから、安全対策のために設けられているものです。
この規制がなかった時代には、それぞれの自動車会社がその性能を競って高出力のエンジンを開発することに躍起になっていました。
しかし軽自動車は外形寸法がコンパクトに規制されており、そのため十分な安全対策を施すことが事実上不可能となっています。
高出力のエンジンを搭載した場合には安全対策が十分に追いつかず、その結果重大な問題を引き起こすことが少なくありませんでした。
馬力規制を行う主な理由は、安全に走行することができるとともに、様々な問題を未然に防ぐために統一的に行われているものです。
これにより過剰な性能の競争を避け、比較的安価で安心して利用することができる軽自動車を生み出すことに結びついています。

軽自動車で馬力がある車種の選び方のポイント

軽自動車の規格では、メーカー側からの自主的な規制があるために、最高出力の上限は64ps(64馬力)に抑えられています。
法律によって規制されているものではありませんが、車体やタイヤの大きさなどが小さく、ハイパワーを受け止めることのできる限界が低いために安全性確保する観点からこの値が設定されています。
したがって現在販売されている軽自動車の人気車種の多くが、規制の限界値である64馬力に達しているために、それほど選び方を気にしなくても良いものと考えられます。
64馬力を有する軽自動車のタイプは、比較的背の高いハイトワゴンやスーパーハイトワゴン、高速走行を想定したスポーツモデル、ワンボックスのワゴンなどを挙げられます。
軽自動車の中でも比較的サイズの小さいハッチバック車など、一部のモデルに関しては上限値よりも低めの馬力が設定されていることもあります。
パワーをより感じたい方は、ターボチャージャーを搭載した車種や、電気を動力としたEVモデルといった選び方もありますので、好みに合わせて選択をしてみてください。

軽自動車は急勾配がとても苦手な乗り物です

近年軽自動車の人気が高まっているといいます。ガソリン代が高騰していることもあって燃費のいい軽自動車に人気が集まっているのかもしれません。
たしかにこの車は普通車よりも燃費がよく、少ない燃料でたくさん走ることができます。
しかし場合によってはそうならないこともあります。例えば急勾配を走るような場合は、逆に燃費が悪くなってしまうかもしれません。
きつい坂が続く山道を走った場合、軽自動車は馬力不足です。アクセル全開にしないと登っていかないような状況になってしまい、この場合はガソリンをどんどん消費して燃費が悪くなります。
軽自動車の燃費がいいのは、あくまでも平坦な市街地の道路などを走る場合です。
強烈な急勾配を頻繁に登る場合は、逆に燃費が悪くなる可能性があることは覚えておきましょう。
他にも重い荷物を大量に積んだり大人数で乗ったり、高速道路を頻繁に利用したりすると、燃費が悪くなってしまいます。あくまでも街乗り用の車と考えるべきです。

住宅街を走行することが多い人におすすめの軽自動車

維持費用が安いというメリットが強調されやすい軽自動車ですが、実は他にもメリットがあります。
それが住宅街においては、他の種類の車に比べると非常に扱いが楽ということです。特に車の運転を苦手とする人にとってはありがたく感じる特徴を備えているので、これから購入を考えているのであれば軽自動車を検討してみると良いでしょう。
住宅街で軽自動車を使用するメリットの一つが、狭い道でもすれ違いが楽になるというものです。
家が立ち並んでいる地域では、幅の広い道路というのはあまり見られません。そこに住む人たちがたまに走行する程度ですので、基本的には広大な道路は作られないからです。
そのためそのような地域で車を走らせるとすれ違いの際に一苦労するものですが、このタイプの車ならば幅が狭いのでそのような場合でも安心です。
駐車場に車庫入れしやすいのも軽自動車の良いところです。道が狭い上に見通しが悪い場所でも、コンパクトに設計されていますから容易に車庫入れすることができます。
車の運転に苦手意識を持っている人におすすめです。

車を購入を検討するなら知っておきたい軽自動車が人気を誇る3つの理由

軽自動車が人気を誇る理由は3つあります。まず圧倒的な維持費の安さです。車両自体が安い上に車検料や自動車保険料、税金、高速道路の料金などが安く設定されています。
その上重量が軽いため、少ないガソリンでも普通自動車に比べ、かなり燃費はよいでしょう。
次にあげられるのが小回りがきいて、運転がしやすい操作性です。ハンドルが切り返しやすく、狭い道路での方向転換や駐車がしやすいので、狭く入り組んでいる地形も多い日本で重宝されています。
最後は手続きの簡単さです。軽自動車は一部地域を除いて車庫証明や印鑑証明が不要です。
そのため購入後すぐに乗ることができます。大人数でアウトドアを楽しむ用途には向きませんが、通勤や送迎など日常生活に使う場合は軽自動車で十分だと言えます。
最近は車内が普通車よりも広い車種も登場しています。シートの座り心地や車内の質感、走行安定性などもかなり良くなっているので、軽自動車の人気は当面続くでしょう。

軽自動車は安全性を重視して選ぶ必要がある

軽自動車は狭い道でも走行しやすく、燃費が良いので幅広い年代に人気があります。
通勤や通学などで自動車を利用しているけれど、8年以上を過ぎたので買い替えを検討することが多いです。
国内自動車メーカーの人気の車種は衝突防止機能、バックモニター、サイドモニターなどの安全性能が優れています。
運転免許を取ってからまだ日が浅い人、高齢者などは接触などが心配な人がほとんどです。
軽自動車を購入する時は機能性、実用性、安全性、燃費などを比較してから、ライフスタイル、家族構成に合った商品を購入すると良いでしょう。
就職や進学を予定している人は、初めて自動車を購入するのでどんな軽自動車が良いのか、迷っていることが多いのではないでしょうか。
お店に行く時は両親に付き添ってもらうことで、最適な自動車を選ぶことができます。
バックモニター、サイドモニターを設置しており、死角が少ない自動車を選ぶと雨天や曇り強風の日でも安全に走行しやすいです。

軽自動車の特徴と優れた機能を上手に利用する為の留意点

軽自動車は排気量が660cc以下の小型自動車で、日本では軽自動車の保有台数が最も多く国民の生活に欠かせない存在となっています。
その特徴としては、車両価格が安い事や維持費が安い事や小回りが利く事に加え狭い道や駐車場での取り回しがしやすい事や燃費がよい事など機能が挙げられます。
車両価格は普通自動車と比べて安くなっていますので、初期費用を抑えたい方や、経済的に余裕のない方におすすめですが、車両価格が安い分車体や装備の質が普通自動車と比べて劣る場合があります。
購入する際には車体や装備の品質をしっかりと確認するようにします。維持費は、普通自動車と比べて安くなっています。
具体的には、自動車税や自動車重量税や自賠責保険料やガソリン代などが安くなります。
維持費を抑えたい方や、車の運転を頻繁に行う方におすすめです。車体サイズが小さいため小回りが利きますので、狭い道や駐車場での取り回しがしやすく街乗りや通勤・通学などの狭い道を走行する機会が多い方は重宝します。
車体サイズが小さいため燃費がよい傾向にありますので、ガソリン代を節約したい方におすすめです。

軽自動車に関する情報サイト
軽自動車のお役立ち情報

毎年3月、9月は自動車業界の決算月で、販売店はメーカーへ報告する売り上げ額を増やすために、積極的に販売をします。
売り上げアップのために値引き金額を大きくする傾向があるので、通常よりもお得に購入できる可能性が高めです。
4月は新年度で車の購入を希望する人が増えます。
3月は在庫に余裕を持たせるために、販売と並行して買取にも力を入れなくてはいけません。
軽自動車の査定額も高くなりやすく、売却をする場合にもメリットがあります。

Search

更新情報