新車購入や売却の際に役立つ!?軽自動車のお役立ち情報を分かりやすくご紹介

毎年3月、9月は自動車業界の決算月で、販売店はメーカーへ報告する売り上げ額を増やすために、積極的に販売をします。
売り上げアップのために値引き金額を大きくする傾向があるので、通常よりもお得に購入できる可能性が高めです。
4月は新年度で車の購入を希望する人が増えます。
3月は在庫に余裕を持たせるために、販売と並行して買取にも力を入れなくてはいけません。
軽自動車の査定額も高くなりやすく、売却をする場合にもメリットがあります。

新車購入や売却の際に役立つ!?軽自動車のお役立ち情報を分かりやすくご紹介

新車の軽自動車の新車購入、売却する時は行動に移すタイミングが重要になります。
1年の中で特に狙い目と言われるのが、3月と9月時期です。
3月と9月は自動者業界における決算月で、各販売店はメーカーに売り上げを報告しなくてはいけません。
少しでも多い売り上げで報告したい販売店は、通常よりも値引き額を大きくしてでも積極的に売ろうとする傾向があります。
4月は新年度、8月はボーナスの支給で購入希望者が増加するため、在庫に余裕を持たせておかなくてはいけません。
3月は購入だけでなく、軽自動車の売却も高額査定が期待できます。

軽自動車の維持費はどのくらい?自動車税の場合は?

日本は車社会なので、自動車は欠かせない移動手段です。
都市部であれば無くても生活できるかもしれませんが、地方ではないと生活できません。
買い物や通院などで頻繁に使用するので、都市部に住んでいても使用した方が良いです。
乗用車ではなく、軽自動車の人気が高くなっています。
コンパクトで運転しやすいことに加えて、維持費が安いこともメリットです。
ローンの返済額やガソリン代は乗用車とそこまで差がありませんが、自動車税は軽自動車が10800円で乗用車が25000円くらいなので約15000円の差があります。
決して安い金額ではないので、お金に余裕がない若い世代で軽自動車を選ぶのは当然です。
車検の基本料も7000円から8000円くらい差があります。
軽自動車は以前はダサいイメージがありましたが、最近はクオリティの高い車種が多く発売されているので、全然気にすることなく運転することができます。
馬力は劣りますが、普通に運転する分には問題ないです。

軽自動車の維持費の中でも任意保険は車種や安全装置の有無で変わるけど普通車よりも安い

自動車を運転する際には、万が一の事態に備えて保険に加入しておくことが大切となります。
特に任意保険は比較的高額な事故の損害賠償等を行うためには必要なものであり、自動車運転する場合にはこれに必ず加入しなければなりません。
しかし十分な補償を得ようとするとその保険料も決して安くはないものですが、軽自動車の場合にはその金額が比較的安いと言う傾向が強くなっているのが実態です。
その理由は、自動車が小型であり走行性能もそれほど高くないことから一般的に大事故を起こす確率が低いことが挙げられます。
最近では軽自動車でも普通車並みに安全対策を施していると言うケースも多く。
このような場合にはさらに保険料が安くなると言うことも少なくありません。
近年では自動車の種類やその危険度によって保険の料率を変更する仕組みが用いられており、軽自動車はその金額が安い部類に含まれています。
大型車やスポーツカー等は危険度が高いため料率が高めに設定されているのに対し、安くなっていることがポイントです。

軽自動車は維持費が安いメリットがあるけどデメリットは?

軽自動車は維持費が安いということで、近年利用者が増加しています。
燃費がいいのでガソリン代を節約できますし、毎年払う必要のある自動車税も安いですし、車検費用も乗用車よりも安くなります。
軽自動車は、一昔前は主に女性が利用することが多いとされていましたが、長引く経済停滞が影響しているのか、最近は男性でも利用する人が多くなってきました。
維持費が安い軽自動車ですが、乗用車に比べてデメリットもたしかにあります。
まずなんといってもパワー不足は否めません。
街中を走る時はそんなにパワー不足を感じることはないかもしれませんが、坂道などではこれを痛感します。
特に山に登るような長い急な坂道では、アクセルを目いっぱい踏み込んでもろくにスピードが出ず、後ろから乗用車にバンバン追い抜かれて冷や汗をかくような状態になりがちです。
また、軽自動車は大人数が乗れません。
乗車定員は4人までとなっています。
車内スペースも狭く、大きな荷物などは積めないでしょう。

軽自動車は買取価格が下がりにくいので買い替えのときでも査定評価も高め

軽自動車は買取価格が下がりにくいと言うメリットがあり、そのため買い替えの際にも非常に有利になることがポイントです。
その理由は現在では様々な経済的なメリットが大きいことが多くの人に注目されており、新車だけではなく中古車の需要も非常に高まっていることにあります。
中古市場では人気の高い車種ほど高値で取引されるため、軽自動車はその価格が値下がりしにくく、下取りに出す際でも高値が期待できることがポイントです。
一般の乗用車は購入する場合には価格が高くても、1部の車種を除いては大幅に値崩れしてしまうと言うことも少なくありません。
風人気車種になると数年でほとんど値がつかない状態となってしまうこともあるため、購入する場合には注意をすることが求められます。
軽自動車の場合には車種による違いもほとんどなく、高値で取引されていることが多いため、乗り換える際にも値崩れを気にせず安心して乗り換えることができるのがメリットです。

軽自動車に関する情報サイト
軽自動車のお役立ち情報

毎年3月、9月は自動車業界の決算月で、販売店はメーカーへ報告する売り上げ額を増やすために、積極的に販売をします。
売り上げアップのために値引き金額を大きくする傾向があるので、通常よりもお得に購入できる可能性が高めです。
4月は新年度で車の購入を希望する人が増えます。
3月は在庫に余裕を持たせるために、販売と並行して買取にも力を入れなくてはいけません。
軽自動車の査定額も高くなりやすく、売却をする場合にもメリットがあります。

Search